北浦フットサルリーグKリーグ

K2リーグ第2節(2015/7/18)

MADURO 9-0 TFC
立ち上がりから主導権を握ったMADUROは効果的な攻めから女性2枚看板のうちの一人6番が先制ゴール。さらに交替で入った女性エース10番が追加点を挙げて4-0で後半へ。流れを引き寄せたいTFCは速攻からチャンスを作りますが、MADUROゴレイロ2番の壁を破れず完封負け。MOMはゲームをコントロールしながらアシスト3本決めたMADURO24番~女性に優しいパスでした。
TFC-MADURO

ドミーズ 5-3 バイツァダスト
ボール支配率の高いドミーズは相手ゴール前で落ち着いた崩しで14番が先制ゴール。バイツァはエース39番がミドルシュートを決めて反撃するも試合はドミーズペースで進んでいきます。後半もドミーズが取ってバイツァが取り返すという展開でしたが、ドミーズの塾長が自ら獲得したPKをきっちり決めて試合を決定づけました。MOMは45才オーバーながら決定的な仕事をしたドミーズ塾長。
arm-tfc

TFC 3-3 アルマフェルテ
新加入の若手選手がいい動きを見せるアルマは在籍の長い13番が決めて先制。このまま津和野に帰れないTFCは最年長3番が意地の一発で同点に持ち込み後半へ。これで流れをつかんだTFCは得意の速攻からチャンスを作ると4番が相手GKをかわしてPKを獲得。きっちり決めて勝ち越しに成功。さらに3-1としますが、若さに勝るアルマは17番12番と終盤に追いつきドローに持ち込みました。MOMは値千金同点ゴールのアルマ12番。

MADURO 3-2 ドミーズ
ボール保持率の高いドミーズに対してボールを奪って効率良く攻めるMADURO俊足11番のスピードが活きます。先制ゴールを奪うとコーナーキックを11番が追加点。さらに13番が豪快に決めて前半で3-0とします。後半に入り塾長にボールを集めるドミーズですが、ややスタミナ切れか決定力に欠けます。最後にやっと決めて2-3としますがMADUROが競り勝ちました。MOMはMADURO11番。
mad-domi

バイツァダスト 7-4 アルマフェルテ
前の試合のうっぷんを晴らすかのような連続ゴールのバイツァ。ゴールの奪い合いとなったゲームを制したのはバイツァでした。
MOMには2ゴール1アシストの活躍を見せたバイツァ22番。

Kリーグ情報

2019/01/19

K1リーグ(2019/1/19)

2019/01/12

K3リーグ第3節(2019/1/12)

2018/12/22

K3リーグ第2節結果(2018/12/22)

2018/12/20

K2リーグ(2018/12/15)

2018/12/13

mixリーグ2018優勝はAlegre(2018/12/9)

2018/12/10

K3開幕戦結果(2018/12)

2018/11/24

ミックスリーグ結果(2018/11/24)

2018/11/20

K2リーグ第4節(2018/11/10)

2018/11/08

K1リーグ結果(2018/11/3)

2018/11/03

K2リーグ第3節(2018/10)